最新版Subversion 1.9 がダウンロード可能に

Subversionの最新版には多くの新機能とバグ修正が含まれています。性能改善、ネットワークリソース有効利用も可能になっています。リポジトリのバックエンドとして長く使われてきたFSFSが新しいもの(FSX)になりました。これによりログ・マージ等が改善されました。
9月15日(日本では16日2:00AM)に下記のWebinarで新機能を紹介します。

“What’s New in Subversion 1.9.” Register
(Replayもあります。上記の“Register”で登録すれば、Replyに関するメールも届きますので、是非、登録ください。Webinar概要については別途、本ブログにアップ予定です)
詳細な説明は以下で参照できます。

http://subversion.apache.org/docs/release-notes/1.9.html
弊社でテスト済のSubversion 1.9のバイナリは以下からダウンロード可能です。

http://www.wandisco.com/subversion/os/downloads

avatar

About Kenji Ogawa (小川 研之)

WANdisco社で2013年11月より日本での事業を展開中。
以前は、NECで国産メインフレーム、Unix、ミドルウェアの開発に従事。その後、シリコンバレーのベンチャー企業開拓、パートナーマネージメント、インドでのオフショア開発に従事。

0 Responses to “最新版Subversion 1.9 がダウンロード可能に”


  • No Comments

Leave a Reply