ビッグデータ時代のストレージ選択

調査会社451と弊社のWebnar:Big Data Storage: Options & Recommendationsのまとめです。Big data storage size

ビッグデータ/Hadoop対応のストレージの需要は(驚くことに)いまだに4%程度。全体の需要の伸びにも追い付いていないのが現状ではあるが、少しずつ変わりつつある。

元々Hadoopは、バッチ処理中心で安価なローカルディスクを使用するのが一般的であった。

しかしながら、リアルタイム処理、解析等々多様なアプリに使われだした為、色々な種類のストレージが使われ始めた。一例としてNetwork Storageを何に使うかを調べたところビッグデータの伸びが一番大きかった。クラウドであろうがオンプレであろうが各種ストレージを適材適所で使用していく事が成功のカギとしている。Stodare hadoop

こうした環境では異なるストレージ間のコネクタ、複製が必要となってくる。一つの解としてWD Fusionが紹介された(WDFusionについては過去のブログを参照ください)

リプレイは下記URL

https://www.brighttalk.com/webcast/11809/153683

0 Responses to “ビッグデータ時代のストレージ選択”


  • No Comments

Leave a Reply